読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小動物アーカイブZ

A rolling stone gathers no moss

127 Hours

話はめちゃくちゃ面白いんだけど、映画としてはかなり凡庸というか、1時間半もいるかー?と思った。世界まる見え特捜部で20分ぐらい取り上げるくらいで十分じゃないかと。正直、Wikipediaの文章読んでる方が面白いです。

実際はこれを遥かに凌ぐ想像を絶する過酷な状況だったのであろう。脚色なのかもしれないけど「この岩は何万年も前から俺が来るのを待ち構えていた」という台詞はいいね。監督はインタビューで大自然への畏怖や生命の尊厳について語っていたけど、自分は単純に世の中色んな人がいるもんだなー、と関心してしまった。立場や環境は違えど死んだほうが楽じゃないかとさえ思える苦境に陥り、それでも生きることを選択した意志の強さは賞賛に値する。

*ちなみに原作『Between a rock and a hard place』の筆者であるアーロン・ラルストン氏は最近、DVだかで三面記事になってましたね。

127時間 [DVD]